にわか江戸っ子の好奇心(旧横浜在住関西人の好奇心)

beerkichi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:尼崎 ( 4 ) タグの人気記事

甲子園観戦旅行2008秋その6~尼崎「岡」たこ焼

その5の続き。

矢野のサヨナラ打ですっかり気分を良くした、翌日。
この日の予定は鳴尾浜でのファーム観戦。
試合開始は12時半、まだまだ時間があります。

私「試合まで時間あるけど、何がしたい?」
息「たこ焼!」

アホの血は遺伝するようです。

ただ時間は9時半。
午前中から開いてるたこ焼屋を見つけるのは、至難の業です。
こんなときに頼りになるのが、ネット。
早速検索すると、それらしき店がヒットしました。

阪神尼崎駅の南側に広がる寺町。
この雰囲気のある一角にあるのが、たこ焼「岡」。
c0060651_14123086.jpg
10時少し前に着いたんですが、丁度準備中でした。

私「たこ焼、食べれます?」
店「大丈夫、でもちょっと待ってや」

鉄板の前に並ぶいすに座って待つことしばし、たこ焼の出来上がりです。
c0060651_1415037.jpg
最近流行の大振りなたこ焼ではなく、昔懐かしいサイズ。
これ、これ、これやがな。

しかも価格も昔とおんなじ。
何と7個100円!

私「めちゃくちゃ安いですね」
店「25年前から変わってませんねん」
私「そうですよね、僕の子供の頃といっしょですわ」
店「もうね、ボケ防止。儲ける気ありませんねん」

外がカリッとしてるわけでも、削り節が踊ってるわけでも、中が過剰にトロッとしてるわけでも、たこが巨大なわけでもありませんが、これぞ私が好きなたこ焼!

息子も気に入ってくれて、何よりでした。
たこ焼の好みも遺伝するんかもしれません(笑)

その7に続きます。
by beerkichi | 2008-09-16 14:21 | 甲子園観戦旅行2008秋

甲子園観戦旅行2008秋その4~尼崎でたこ焼3軒目

その3の続き。

その3の「じゃんぼ總本店」から西に少し行ったところにあるお店。
c0060651_17332765.jpg
6個で240円とは、なかなかリーズナブル。
(すいません、店の名前わかりません)

狭いながらもお店で食べられる上、生ビールも飲めます。
c0060651_17355994.jpg
もちろん、頼みましたよ「中」。

たこ焼自体は、見てのとおり少し変わった感じ。
c0060651_17373694.jpg
ソースがどろどろでなく、サラサラ。
さっぱり系です。

これはこれで美味ですが、私の好みはやはりコンサバ系。
マヨネーズは無くてもいいんです。

尼崎の商店街。
c0060651_174053100.jpg
ここを東西に移動するだけで、3~4軒のたこ焼屋を発見することができます。

その5に続きます。
by beerkichi | 2008-09-14 17:54 | 甲子園観戦旅行2008秋

甲子園観戦旅行2008秋その3~尼崎「じゃんぼ總本店」たこ焼

その2の続き。

「わなか」でたこ焼を食べた後、さらに西へ移動すると、もう一軒たこ焼屋発見。
c0060651_8204419.jpg
私「まだいけるか?」
息「大丈夫!」
頼もしい息子です(笑)

このお店は食べるスペースが無いため、ベンチを探して商店街の外へ。

息「お父さん、公園あった!」
私「よし、そこで食べよう」
c0060651_823157.jpg
周りが「カリッカリッ」、中が「トロットロッ」。
ちょっと「カリッ」度と「トロッ」度が多めのたこ焼でした。

その4に続きます。
by beerkichi | 2008-09-14 08:26 | 甲子園観戦旅行2008秋

甲子園観戦旅行2008秋その2~尼崎「わなか」たこ焼

その1の続き。

前回甲子園に来た時以降、当然のように行われるたこ焼食べ歩き。
尼崎の商店街で、最初に食べたのがココ。
c0060651_0422669.jpg
「わなか」。
どうも千日前にある店の支店のようです。
お店の中で食べられるので、早速中へ。

c0060651_044658.jpg
12個550円と生ビールを注文。
c0060651_0453349.jpgc0060651_046232.jpg
外の「カリッ」と中の「トロッ」のバランスがとても適度、というか私好み。
結構美味しいです。

その3に続きます。
by beerkichi | 2008-09-14 00:48 | 甲子園観戦旅行2008秋