にわか江戸っ子の好奇心(旧横浜在住関西人の好奇心)

beerkichi.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:蔵王スキー旅行2006( 13 )

東北スキー等旅行記その13~最終日は大荒れ

その12の続きです。

最終日。
当初の予定では、1日かけて立ち寄り湯に行ったりしながらゆっくり横浜に帰ってくるつもりでしたが、ちょっと滑り足りなかったので、予定を変更してもう一度蔵王で滑ることに。

この日も昨日に引き続き荒れ模様。
ロープウェーで上に行くと、雪が横なぐりで降ってます。
過酷です。

それでも何とか3時間ほど滑ってから帰途についたのですが、そこからが大変。
山形道と東北道のJCで事故があったらしく、通行止め。
高速を降りて一般道で土湯温泉まで行き、そこで遅めの昼食&お風呂。
c0060651_22245920.jpg
さあ、いよいよ本格的に帰るぞ!と思ってICに行くと「東北道ユキのため通行止」との表示が電光掲示板に・・・

もぉう、勘弁してくれぇ!

結局横浜に帰ってきたのは、夜11時過ぎでした・・・
by beerkichi | 2007-02-01 22:38 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その12~山形で居酒屋(続き)

その11の続きです。

ここの居酒屋の売りは、山形らしく日本酒。
c0060651_22565969.jpg
こんな感じの日本酒メニューが8ページくらいあるんです。
c0060651_22595727.jpg
いやぁ、「現場」がいいのは、ビールだけじゃないねぇ(笑)。

山形牛の刺身と、芋煮もいただきました。
c0060651_2322115.jpgc0060651_2323754.jpg
一度河原で芋煮を食べてみたいものです。

その13の続きです。
by beerkichi | 2007-01-27 22:55 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その11~山形で居酒屋

その10の続きです。

吹雪の中、何とか今シーズンの初滑りをした我々。
この日は山形市内に宿泊です。

ホテルにチェックインした後、携帯で調べた居酒屋に向かうため雨の七日町通りを北へ。
c0060651_22141592.jpg
そして到着したのがこの居酒屋「味山海」。
c0060651_222228100.jpgc0060651_22224689.jpg
ホストクラブなんかも入ってる雑居ビルの地下1階。
9歳と6歳の子供には、悪影響が心配されます。

メニュー見ましょうか。
c0060651_22232932.jpg
いやぁ、所変われば品変わる。
見たことないものが、並んでます。

まずは最近息子がはまっているマグロの刺身。
c0060651_22252814.jpg
別に山形に関係ありませんが・・・

そして「だし奴」。
c0060651_22262086.jpg
きゅうり、ねぎ、しそ、昆布などを細かく刻んで漬けた「だし」を豆腐にかけてあります。
昔ダニエル・カール氏が「だす」と言って紹介していたのを思い出しました。

その12に続きます。
by beerkichi | 2007-01-24 22:07 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その10~いよいよスキー!

その9の続きです。

東北旅行3日目。
滑れなかった昨日に懲りることなく、山形蔵王に向かいます。
夜に少し雪が降ったようなので、今日はなんとか滑れそうな予感・・・

下のほうは相変わらず雪不足ですが、ロープウェーで登るとこの景色。
c0060651_22372620.jpg
上は吹雪いてました・・・
いやぁ、寒いのなんの。
何とか滑れたものの、視界はないし、顔は凍るし、視界はほとんどゼロだし、辛かったです。

子供がスキーを嫌いになりそうでした。

でも滑れてよかった・・・

その11に続きます。
by beerkichi | 2007-01-23 22:27 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その9~「湯坊いちらく」の夕食の続き

その8の続きです。

大人用の料理の前に、子供用。
c0060651_23531735.jpg
オムライスの横にゴロンと転がっているふぐの干物がご愛嬌です。

そして大人用。
c0060651_2355013.jpgc0060651_2355173.jpg
c0060651_23553643.jpgc0060651_2355565.jpg
左上前菜、右上お刺身、左下冷たい鶏そば、右下山形牛のしゃぶしゃぶ。

そしてここしかない・・・かどうかはわかりませんが
c0060651_23581872.jpg
さくらんぼの天ぷら。
味は・・・さくらんぼに衣をつけて揚げた・・・って感じです。

その10に続きます。
by beerkichi | 2007-01-22 23:51 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その8~「湯坊いちらく」の夕食

その7の続きです。

さて、温泉旅館。
今回泊まったのは地ビールを造ってる「湯坊いちらく」。
c0060651_23505567.jpg
古い温泉地に時折見られる「リニューアル系」の旅館です。
したがって、外観は正直イマイチですが、内部はそれなりにきれいに仕上がってました。
大浴場の湯船も将棋の駒形でしたし・・・

そしてお楽しみの夕食。
c0060651_23563240.jpgc0060651_2356517.jpg
こんな感じのレストランでいただきます(テーブル)。

そしてメニュー。
c0060651_23575420.jpg
さくらんぼの天ぷら??
楽しみです。

その9に続きます。
by beerkichi | 2007-01-18 23:47 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その7~将棋現場主義!?

その6の続きです。

山形市で「文翔館」を見学した後、本日の宿がある天童へ。
天童と言えば温泉も有名ですが、やっぱり「将棋」。
小学生の頃までは結構将棋が好きで、名人戦の棋譜を買ったり、新聞の将棋欄を読んだりしてた私ですが、ここ20年くらいはすっかりご無沙汰。

息子も大きくなってきたので、将棋の駒でも買うかと、「三代目 武内王将堂」へ。
c0060651_22481067.jpg
将棋の駒って、材料と字の種類で大きくグレードが違うらしいんです。
プラスチックは安く、本つげ(国産のつげ)は高い。
簡単な字は安く、きちんとした字は高い。
最初は一番安いやつでエエかな?と思てたんですが、色々見てるうちに、いいのが欲しくなってきてしまいました・・・

で、結局選んだのがコレ。
c0060651_22571576.jpg
本つげ、上彫りの結構高級品です。

確かに、私が子供の頃使っていた駒とは、質感が違います。
宝の持ち腐れにならなければいいんですが・・・

その8に続きます。
by beerkichi | 2007-01-15 22:14 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その6~文翔館(山形県郷土館)

その5の続きです。

焼肉ランチの後は、山形市内観光。
と言っても、スキーをするつもりで山形まで来たので、ほとんど情報はありません。
そんな中で訪れたのが「文翔館」。
旧山形県庁舎で、現在は山形県郷土館として使われてます。
c0060651_2225470.jpg
国の重要文化財にも指定されているだけあって、すごく立派な大正建築です。
昔から建築に興味があるので、そこそこな数の洋風建築は見てますが、これはその中でもかなり立派な部類です。
一見の価値ありだと思います。
c0060651_2272111.jpg
中に入って階段を2階へ。
c0060651_221002.jpgc0060651_22101671.jpg
テーブルもシャンデリアも、メチャクチャ素敵です。

渡り廊下で隣の建物に移動すると、そこは旧県会議事堂。
c0060651_22114330.jpg
今でもコンサートなんかに利用されたりしているようです。

スキー崩れの観光で、さほど期待してなかったんですが、かなり楽しめました。
やるやん、山形。

その7に続きます。

「文翔館」。
住所:山形県山形市旅篭町三丁目4番51号
電話:023-635-5500 
c0060651_22153424.jpg

by beerkichi | 2007-01-14 22:17 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その5~さて、どうするか・・・

その4の続きです。

スキー旅行に来て、スキーが出来ない・・・
かなり凹む状況ではありましたが、凹んでばかりもいられません。

蔵王と言えばもちろんスキー!ですが、温泉も有名であることを思い出し、「新左衛門の湯」という立ち寄り湯に行くことにしました。
c0060651_22543197.jpg
似たような人達で結構混んでました(笑)
最近は息子(6歳)も同じようにちょっと熱めの湯に入れるので、昔ほどストレスはありません。

1時間ほど入浴を楽しんだ後、山形市内へ移動し昼食。
c0060651_22583455.jpg
山形牛が食べられるお店です。
c0060651_2259338.jpg
たっぷりと焼肉ランチを堪能しました。

その6に続きます。
by beerkichi | 2007-01-13 22:44 | 蔵王スキー旅行2006

東北スキー等旅行記その4~蔵王まで来たのに・・・

その3の続き。

2日目(12/27)、昨夜からの風雨で当初予定していたスキー場「アルツ磐梯」には雪がなさそうだったため、急遽朝早いうちに前日まで全コース滑走可能だった山形蔵王まで移動してからスキーをすることにしました。

「いくら暖冬や言うても、山形蔵王まで行きゃ雪はあるやろ」

c0060651_2349871.jpg
甘かった・・・
地肌見えてます・・・
リフトもほとんど動いてません。
c0060651_23511472.jpg
わざわざ横浜から山形までスキーしにきたのに・・・

その5に続きます。
by beerkichi | 2007-01-12 23:44 | 蔵王スキー旅行2006